Interview

逃げたいと思う前に、もう動いている。
プレッシャーは、必ず「プラス」になるから。

営業 細井那緒

Profile
2012年入社。マーケティングカンパニー所属。大学までソフトボール部の体育会系。チームのユニフォームや応援グッズのイラストやデザインを手掛けた経験が、クリエイティブ業界を目指した理由の一つ。

卓越したクリエイティブ力を、
活かすも殺すも、営業次第。

クリエイティブ業界に飛び込みたい。でも、デザインのスキルはない。だったら営業職だ。しかも、とびきりの強みを持った会社で——。多彩なコンテンツクリエイティブ力で群を抜いていると感じたXROSSINGへ入社後、営業の仕事を通して気づかされたのは、その強みの活かし方でした。新規案件でポスター制作を受注した時のこと。クライアントから聞き出したヒアリング結果を制作チームと共有し、その後上がってきたデザインを見て思ったことは、「すごくいい。インパクトがある。でも何か違う」。そのインパクトは、最大の目的である“お客様の利益の最大化”に直結しないと感じたのです。正直に私の思いを制作陣にぶつけ、その後のディスカッションの末にできあがったポスターは、インパクトと目的を兼ね備えた、クライアントも私も納得できる仕上がり。XROSSINGの技術力を「プラス」に活かせたからこそ、納品後、短期間で売上アップという明確な数字を残すことができました。

時間がないから、忙しいから。
そんな言い訳が通用するわけない。

入社1年目で受注した、美容機器のチラシ制作の案件は忘れられません。予算やスケジュールの都合もあって制作ディレクターを置けなかったため、私がディレクションを担当することに。他の案件の進行も絡み、時間がない中で作ったラフを上司に提出したところ、「これ、相手のことを考えているか?」と私の“とりあえず作った感”に当然ながらのダメ出し。夜遅くまで何度も作り直し、結果的にはクライアントにもOKをいただきましたが、納品後は疲労困憊でした(笑)。でも、納品先から帰ってきた時、「よく頑張った」という上司の言葉に、私がチームの中心となって仕事を完了できた…という達成感も。たった一枚のチラシを作るだけでも、「これはお客様の大切な予算を使うもの。時間がない、忙しいからって、とりあえず作ったものでいいわけがないだろ?」という上司のその言葉には身が引き締まる思いでした。私はクライアントの予算を預かっている。その責任感は絶対忘れてはいけない。今も、私のポリシーです。

『動く、考える、動く』3つの言葉で、
私はもっともっと成長できるはず。

クライアントから任せていただく予算額が大きくなると、プレッシャーもおのずと大きくなります。逃げたい、と思うことも(笑)。でも、これまでの人生で逃げて何かを得られたことは一度もありません。大学時代まで続けたソフトボールでは、私が最後のバッターになったことも。悔しかったですよ。でも、反省し、練習を続け、次は勝利に貢献できました。仕事も同じだと思います。だから、XROSSINGが掲げる行動理念『動く、考える、動く』という言葉には共感できるんです。“お客様の利益の最大化”のための言葉である一方、人間の成長プロセスも表している言葉じゃないかって。めまぐるしく過ぎていく毎日。でも、案件一つひとつを成功に導くことで、その度に成長している自分を実感できる瞬間があります。だから、この仕事が面白い。もっといろんなことを経験してみたいと思えるんです。

  • 営業 細井那緒
  • 営業 小野塚陽輝
  • デザイナー 山中理栄